PowerPoint・Word・フリーソフトでイラストや画像の背景を簡単に透過・切り抜きする方法【イラレ・フォトショ不要】

イラストや画像の背景を透明にしたい場面ってかなり多いですよね?

例えば「Illustrator」や「Photoshop」等があればかなり簡単に作業することが可能なのですがAdobeのソフト自体は比較的高価なので持っていない・普段は必要ない方も多いと思います。

私もMicrosoftのソフトしか使っていなかった時代はこの背景透過の作業に苦戦しました。

そこで今回は「PowerPoint」「Word」といったMicrosoftのソフトやフリーで使えるソフトだけを使ってイラストや画像の背景を透過させる方法について分かりやすく解説していきます。

関連記事Adobe製品の使い方の違いをデザイナーが解説|料金とプランも比較

PowerPointで背景を透過する方法:簡易編

① やり方・手順の解説

今回はサンプルとして、水色背景の人型イラストの背景を透過させます。

手順1
背景を透過させたいイラストをクリックして選択
手順2
右上に表示される「図ツール:書式」をクリック
手順3
項目の「色」をクリックし「透明色を指定」を選択
手順4
透過したいイラストの背景部分(水色の部分)をクリック

4ステップでかなり簡単にできるので、結構重宝する方法だと思います。

② 評価と注意点

出来としては80点という感じで、少しだけイラストの周りに水色が残っています。

透過させたい画像によりますが、閾値等の細かな設定は出来ないので、上手くいかなかった場合にはこれから紹介する別の方法を試しましょう。色の差がハッキリしてるほど上手くいきます。

注意点として、残したいイラスト部分に背景色(水色)と同じ色が使われているとそこまで水色になってしまいます。少しでも違う色なら残せる場合もあるので工夫・手間が必要になります。

PowerPointで背景を透過する方法:ちょい作業編

① やり方・手順の解説

手順1
背景を透過させたいイラストをクリックして選択
手順2
右上に表示される「図ツール:書式」をクリック
手順3
一番左側にある「背景の削除」を展開すると背景部分が紫色に変化
手順4
内側の枠を動かして必要な部分を枠内に収める
手順5
紫色の部分を消したい場合は「削除する領域としてマーク」を選択
紫色の部分だけ残したい場合は「保存する領域としてマーク」を選択
手順6
「変更を保存」をクリック

② 評価と注意点

わりと綺麗に背景を透過させることができるので90点という感じです。

先ほどの方法よりは手間がかかってしまいますが、自分で透過の程度を調整することができるのでより丁寧に切り抜きをする事が可能です。背景だけ残すという事も可能で柔軟に使えます。

Windowsソフト「ペイント3D」を利用する

Windowsに付属しているソフトの「ペイント3D」を使う事で簡単に透過することが可能です。

手順1
切り抜きをしたい部分を大まかに四角形で囲んで選択
手順2
「次へ」をクリックして、不足・過剰な部分を追加・削除
手順3
切り取り過ぎた部分は「追加」ペン、切り抜けなかった部分は「削除」ペンで調整

切り抜きの方法としては「Photoshop」に近い感じの方式になっています。

この切り抜いた画像を使って「ペイント3D」内で画像を合成することも出来ますし、背景を透過した画像を保存することもできるので自由に使えます。簡単にできるけど90点位の評価ですね。

フリーソフト:「手軽に透明」を利用する

背景を透過させるフリーソフトである「手軽に透明」というソフトを使っても透過が可能です。

ダウンロードして、画像を選択して「不透明度」「誤差許容度」などの項目を設定することで背景を手軽に透過させられます。透過させる画像にもよりますが、85~90点ぐらいの評価ですね。

参考サイト手軽に透明 – DL

jpegとpngの違いについて

豆知識的な部分ですが「jpeg」と「png」については透過が関係するので知っておくと便利です。

  • jpeg:画像を圧縮したファイル形式で軽くて色彩豊富な画像向き
  • png:非圧縮ファイルを残した形式で綺麗だけどサイズが重い

基本的には上記の様な違いがあるんですが「png」は背景透過の状態で保存することが出来ます。

ファイル形式が「jpeg」だと四角の形で保存しなければならないので必ず背景が残ってしまうのですが、「png」の場合はイラストの背景部分が透過されて保存されているモノもあります。

この辺りに気をつけて使いたいフリーイラストや画像を選ぶと役立つ場合も多いと思います。

まとめ:PowerPointとWordを使って背景透過する方法

今回はAdobeのソフトを使わずにイラストなどの背景を透過する方法を解説してきました。

ご紹介しているのは使用頻度の高いと思う「PowerPoint(パワポ)」のやり方ですが「Word(ワード)」でも同じ方法で背景を透過させることが出来るのでチャレンジしてみてください。

完成度的にはAdobe製品には劣ってしまいますが、他のソフトでも簡単に背景を透過できます。

関連記事Adobe製品の使い方の違いをデザイナーが解説|料金とプランも比較