Adobe製品の使い方の違いをデザイナーが解説|料金とプランも比較【Adobe Creative Cloud】

Adobe製品って非常に数が多いので、どの製品で何ができるのか伝わりにくい側面もあります。

Adobeの製品って何ができるのか?」「各ソフトをどう使い分けるのか?

という事に関して、デザイナーとして解説していこうと思います。最終的には、MicrosoftやMacのソフトとも比較しつつ、どのプランがおすすめという料金とプラン比較の話もお伝えします。

デザイナーなどでなくても気軽に使えるソフトなので、良ければ少し触れてみてください。

まずAdobeの目玉商品の違いを解説

正確にAdobeがどの製品を目玉商品扱いしているかは分かりませんが、恐らくこの2点でしょう。

  • Photoshop
  • Illustrator

Adobeの他のソフトをメインに使う方でも、この2つのソフトを全く触らないという方はいないと思います。文字・映像・写真・イラストなどグラフィックに触る人がメインに使っています。

Photoshopの機能

Photoshopは形としてできあがった画像・写真・映像を加工したり、仕上げたりするソフトです。

あまりPhotoshop上で「0」から何かを作るという事はあまりなくて、何か素材がある上で組み合わせたり、加工したり、仕上げをする為に使って、完成形にする部分を主に担っていますね。

フォトショで加工してる

とか写真を見て言う人もいますが、そういう事も可能です。自然に加工する事も可能だし、明らかに自然ではない風に加工する事も出来るし、丁寧に細かい部分まで味付けする事ができます。

ただ、写真の加工だけではなく、イラストを加工したり、色味を変えてみたり、切り抜いて合わせてみたり、という感じで”グラフィックを使って遊べる”のがPhotoshopだと思ってください。

Illustratorの機能

Illustratorは「0」から何かを作る時に使う事の多いソフトです。

例えば、ロゴ・イラスト・装飾テキストなど、線や図形やテキストを組み合わせて作り上げる部分に使われます。ペンツールという自由に線を描けるシステムが制作のカギを握っています。

Illustratorで扱う線は「ベジェ曲線」と呼ばれて、ベジェ曲線で作ったベクター画像(拡大縮小で画質が変わらない)のファイル「.ai(Illustrator用の拡張子)」を印刷に使う事が多いですね。


という事で、Photoshopは加工・仕上げ用でIllustratorは「0」から作る用ソフトになっています。

ちなみにMicrosoftの製品で代用できないか考えると「Power Point」で何とか代用できない事もないです。Adobe製品が使えない頃(教員の時)私自身Power Pointで作っていた時期もあります。

本来「Power Point」はスライド製作用のソフトですが、サイズを変えて図形を組み合わせてロゴを作ったり、写真や文字の重ね順を手動で替えてフライヤーを作ったりすることも可能です。

ただ、本当に大変+細部まではこだわれないので大人しくAdobe CCを買う方をおすすめします。

その他グラフィック関連のAdobe製品を解説

その他でグラフィックに関係する主要な製品としては下記の4点が挙げられます。

・InDesign

・XD

・Lightroom

・PDF (Acrobat DC)

用途は大きく違いますが、グラフィック・静止画・テキストなど平面的なモノを扱う時に使うソフトになっています。PDFに関しては多くの人が知らずに使っているAdobe製品だと思います。

InDesignの機能

InDesignはテキストや画像を複数ページにデザインする時に使うソフトです。

主に冊子・書籍・雑誌などのページ数が多いモノを構成する際に使う事が多いですね。例えば「Illustrator」や「Photoshop」でも冊子を作れますが、1ページずつ作る必要があって大変です。

その点、InDesignでは複数のページに同じものを反映させたりするのが楽です。「Illustrator」や「Photoshop」は表紙やポイントのデザインを作ってInDesignに入れ込むのに使ったりします。

例えば、MicrosoftのWordで代用しようと思うと、テキストボックス・画像用のボックスを操作するのが非常に面倒ですし、なかなか同じように作ろうと思っても難しい事態になると思います。

XDの機能

XDはウェブやアプリのグラフィック・操作性のデザインをする時に使うソフトです。

簡単に言えば、InDesignのWeb版という感じで、Webサイトやアプリの全体的なデザインとか繋がりをソフト上で作り込むことができて、どういう動きをするのか実際に試すことができます。

いいソフトだと思いますが、ウェブデザイナーも様々で、XDなどでビジュアルと動きだけ決めてコードは別の人に作ってもらう人もいたり、最初からコードベースで作る人もいるので、XDに関しては「好き・嫌い」「使う・使わない」が分かれやすいソフトかなと個人的に思っています。

Lightroomの機能

写真・画像の色味・見え方を調整するいわゆる”デジタル現像“をする為のソフトです。

デジタル現像という事で、撮った写真の露光や全体のトーンを調整すれば統一感ある写真に仕上げることも出来ますし、写真・画像自体の縦横比のリサイズやトリミングをする事も可能です。

画像や写真の調整・仕上げという意味ではPhotoshopの前段階に使うソフトで、多くの場合は細かな部分の調整や加工という部分はPhotoshopの方に任せるという感じの流れになると思います。

PDF (Acrobat DC)の機能

スタイル変更の心配が少ないテキスト・ドキュメント製作用のソフトです。

普通に普段の仕事やPC周りの作業の中で触れる事の多い書類形式の1つでもあるはずです。Adobeで契約しなくても閲覧や作成であれば多く場合出来ますが、契約していると編集等も可能です。

PDFでやり取りする場面って思っているよりも多いので、編集や署名等を入れられて管理も簡単にできるのはAdobe CCを契約している事のメリットの1つだと思います。単純に便利ですね。

動画制作関連のAdobe製品を解説

アニメーション制作系のソフトもいくつかありますが、今回は代表的なソフトを解説します。

・Premier Pro

・After Effects

動画制作・編集に関わる人はこの2つのソフトは必ず触ることになると思います。Appleには「Final Cut Pro」「Motion」という似た役割のソフトがあるので、そちらを使う方も多いですね。

Premier Proの機能

Premier Proはまさに動画編集の総合的なソフトです。

タイムラインという編集スペースに動画・テキスト・BGMなどを配置して、カットやエフェクトなどの編集を加える事で動画をまとめていく事ができます。かなり直感的で分かりやすいです。

色々できあがった動画・エフェクト・BGMを使ってまとめて味付けするイメージですね。

Premier Pro単体でも動画やテキストに対して動きを加える事も可能ですが、どちらかと言えば後ほど紹介する「After Effects」で制作したモノをPremier Proに持って行って使う流れになります。

After Effectsの機能

After Effectsは文字や映像に動きを加えるソフトです。

比較的短めの秒数(5秒~60秒程度)で完結する様な動画素材を作るのに向いていて、1つ1つの映像素材に対してデュレーションという時間軸の中で開始点と終了点を決めて動かしていきます。

動画素材を作るだけでなく、映像自体にエフェクトを沢山入れ込んだ動画作品を作ることも可能です。エフェクトによってはかなり処理が重いのでマシンパワーが結構重要になるソフトです。

Adobe Creative Cloudのプラン料金と比較

Adobe CCのプラン料金について

Adobeのソフトは以前は買いきりのパッケージ版として販売されていましたが、現在はクラウドでの契約のみになっています。ただ、一部ソフトは簡易版の「Elements」が販売されています。

簡易版「Elements」は買い切りで、一部機能・使い方が変わっています。

少し「Elements」も扱った事もありますが、もし細かい部分までこだわって使いたいのであれば「Adobe CC」の方を使う方がおすすめではあります。買い切りなのは割といいんですけどね。

Adobe CCのプランは現在下記の3種類になっています。

  • フォトプラン
  • 単体プラン
  • コンプリートプラン

価格や特徴に関しては下記の表の通りです。

プラン名価格(年額)使用可能なソフト
フォトプラン11,760円Photoshop + Lightroom
単体プラン26,160円ソフトの中から1点選択可能
コンプリートプラン65,760円全てのソフトが使用可能

おすすめは断然「コンプリートプラン」ですが、もしPhotoshop・Lightroomを使いたいのであれば「単体プラン」より「フォトプラン」のがお得なのでそちらを選ぶのがおすすめになります。

例えば、Premier ProとAfter Effectを使いたい人がいたとしても、結局サムネイルを作るのにPhotoshopが欲しかったりするので、基本的に単体プランを選ぶ人というのは少ないと思います。

あるとすれば「Photoshop + Illustrator」の組み合わせですね。

ちなみに学生・教員であれば「アカデミック版」があって、コンプリートプランが23,760円(年額)で契約できるので利用しないと損だと思います。学生には高価ですが、かなりお得ですね。

他社製品との料金比較と考察

比較しやすい他社製品と料金面や性能面で少し比較をしてみようと思います。

・Final Cut Pro:36,800円|買い切り

・Motion:6,100円|買い切り

・Office:35,000円|買い切り

・Office Cloud:12,000円|年額

動画制作という面であれば、Final Cut ProとMotionの組み合わせで購入すると約4万円程度でセットで揃える事が可能です。買い切りなので、2年・3年と使う程にお得になっていきますね。

性能的にはAdobeのPremier Pro・After Effectsと全然いい勝負なので、正直アリです。

ただ、肌感覚的に言えば「Final Cut」を使っている人はどんどん減ってきている印象なので、例えば編集工程を共有しようと思った時に有利なのはPremier Pro(Adobe)の方だと思います。

それに、デザインをしたりサムネイルなどの静止画を作り込みたいとなると最終的にはPhotoshopが必要だったりするので、結局「Adobe CC」を買えばいいという人が多いと思いますね。

MicrosoftのOfficeに関しては、一部だけ代用できる部分はありますが性能差は歴然です。

Word・Excel・Power Pointに関しては数年前までは三種の神器感がありましたが、最近ではそうでは無いと感じているので「Office」か「Adobe CC」で迷っているなら後者がおすすめですね。

例えばWordであればGoogleドキュメントなどでも充分ですし、プレゼンについてもAdobe製品でクリエイティブに作った方が伝えたい事も伝えやすいです(当然ですがPDFでもプレゼン◎)。

特にアカデミックの方(学生さんなど)には購入を検討してみて欲しいですね。

まとめ:Adobe製品の使い方の違いをデザイナーが解説

今回はAdobe製品の性能とプラン・料金・他社製品との比較を解説してきました。

私自身はアカデミックにいた時には「Microsoft」の製品が主力だったので、Adobe製品に場を切り替えてから慣れるのにかなり苦労したのですが、慣れて使える様になると非常に便利です。

どのソフトで何ができるのかイメージできると意欲もわいてくると思うので、今回はその点を分かりやすく解説してきたつもりです。ぜひ体験版などからチャレンジしてみてはいかがですか。