【企業・個人向け】YouTube向けの動画編集・サムネイル制作代行サービス|代行してもらう方法と料金相場

弊社ではYouTube向けの動画編集・サムネイル制作の代行サービスを行っております。

動画編集をされたことのある方であれば、どれ程の手間があって時間がかかるのかという事が分かると思います。10分の動画であっても、凝った編集であれば半日以上かかる場合も多いです。

今回は実際に動画編集についてどういった作業が必要なのか・編集代行をしてもらう方法や料金相場について解説しつつ、弊社の代行のサービス内容についてもご紹介していこうと思います。

ブランディングとしてのYouTube動画

例えば一時期企業の中で「オウンドメディア」という存在が流行ったことがあります。

当然広告事業としての収益性の面もあって流行ったのですが、どの様な発信メディアを持っているのかというのは企業にとって非常に大きなブランディング効果・自社の広告効果を持ちます。

現在のオウンドメディアは採算が取れずに閉鎖していく事が多いのは非常に残念な所ではありますが、その多くがYouTube等の動画メディアに移行しています。今はまだ個人としてのYouTuberが目立っていますが、その一方で企業が運営しているアカウントも非常に伸びてきています。

Google検索のSEOも最終的にどんどん権威性のあるサイトが上位表示される様に変動していますし、同じくGoogleの運営する「YouTube」もいずれその様に移行していく事が予測されます。

先行者という意味では既に難しいですが、まだ遅くはないので企業・個人でもブランディングとしてYouTube等の動画事業は早めに参入しておくのがいいという風に弊社では考えています。

オウンドメディアの衰退

オウンドメディアは閉鎖傾向にありますが、どうして運営の目的が定まっていなくて上手くマーケティングに繋がらない場合が多いので、YouTubeもしっかり考えて運用しましょう。

動画編集のサムネイル制作の要素とやり方

例えばYouTubeに動画を投稿するとしてどういう編集の要素があるのか解説します。

動画編集にも色々なやり方があって、無編集で動画アップしている方もいますが、無編集でも視聴回数が増えるのは既に人気があるアカウントか、人気アカウントのサブチャンネル程度です。

なので、YouTubeで新規に視聴回数を伸ばそうと思ったら基本的には動画編集は必須ですね。

  • カット
  • テロップ
  • BGM
  • 効果音
  • エフェクト
  • OPとEDの作成

ざっと言ってもこの程度の色々な要素を入れ込んで動画を編集していきます。例えばイチバン簡単な編集だとBGMを入れるだけですが、カット・効果音・テロップ・BGM辺りが基本ですね。

編集用のソフトはプロであれば「Final Cut Pro X(Apple)」か「Premiere Pro(Adobe)」のどちらかを使っている人が多いはずです。ちなみに弊社は「Premiere Pro(Adobe)」使用です。

また、動画内のアニメーション作成などは「After effects(Adobe)」を使う場合が多いです。

編集ソフトの操作に関しては慣れれば効率よくできる様になりますし、作りたい動画のテイストも決まっていれば寄せていく事はできますが、動画のカット技術にはセンスが必要になります。

企業で編集者に委託する場合、優秀なカットマンを見付けられるかが勝負になると思います。

個人のYouTuberの方で編集者に委託する場合には、カット編集だけは自分でして残りの部分を委託する方もいらっしゃいますし、カットの仕方というのが編集の大きな味付けになっています。

あと、忘れがちですが、サムネイルの制作も動画の再生回数に非常に重要な要素になります。

動画編集を代行してもらう方法と料金相場

それなりの価格帯で良い動画編集者を見つけるのは実は結構難しいです。

非常に発信力のあるYouTuberの方であれば例えば動画で呼びかければたくさんの応募があって、試しに編集してもらって基準を満たせば採用という形も取れますが限られた人しか出来ません。

動画編集の1本あたりの価格相場はこの位の金額です。だいぶ金額の差がありますね。

  •  動画編集経験のあるファン:0円~3,000円
  •  フリーランスの動画編集者:3,000円~5,000円
  • (フリーランスの動画編集者:10,000円~30,000円)
  •  映像制作・編集会社:70,000円~

大抵の場合はこの3つ(4つ)のどれかに編集代行をお願いする場合が多いと思います。

ファン・フリーランスの動画編集者にお願いする場合、Twitter・YouTubeで募集するか、クラウドソーシングで募集する場合が多いです。ただ、価格が安い分だけ質もそれなりになりがちです。

ちなみに会社に依頼する場合には、基礎料金・画像挿入料金・エフェクト料金という風に細かいオプション料金が発生する・超高額・安いけど時間が短い(3分まで)という感じが多いですね。

色々と検索してもらえればと思いますが、結構ぼったくり価格の会社が多いです。

新規に動画事業を始める企業や登録者数・広告収入が増えて来て編集者を見つけたいと思っている個人の動画投稿者の方が見つけたいと思っているのは「(フリーランスの動画編集者:10,000円~30,000円)」の部分です。技術もあって会社より単価安ですがなかなか見つけられません

どうやって探すかと言えば、大抵は紹介か募集でたまたま引っかかる感じになります。

ということで、なかなか良い動画編集者を探すのは大変で、安いか高いかの2択で選ばざるを得ない様な状況が多いので、弊社では低価格・高品質でYouTubeの動画編集代行を行っております。

MONO JOURNALでの代行業務について

弊社ではどのように動画の編集代行・サムネイルの制作代行を行っているかというお話です。

  • フル動画編集:カット編集・エフェクト編集等込みのフルプラン
  • 簡易動画編集:カットされた動画に要素を編集する簡易プラン
  • サムネイル制作:動画のサムネイル画像のみ作成するプラン
  • OP・ED制作:色んな動画に使える動画のOP・EDを作成するプラン

弊社で代行業務を受けさせていただいているのは上記の4種類になります。

基本的に料金は動画1本単位で清算させていただいて、価格帯としては先ほどご紹介した料金相場の最も需要の高いフリーランスの方と同じ様な価格単価だと思っていただければと思います。

サムネイルとオープニング・エンディングについては分かりやすいと思うのですが、フル動画編集・簡易動画編集の違いに関してはカット編集(味付け)がされているかどうかという事です。

先ほども動画編集の部分で触れましたが、カットに関しては動画自体の方向性・ディレクション(監督)的な要素があるので、作業量も含めてアリ・ナシで料金を替えさせていただいてます。

動画編集を代行させていただく流れは下記の通りです。

手順1
弊社お問い合わせフォーム・TwitterのDMでお問い合わせ
弊社で制作したサンプル動画等をつけてお返事させていただきます。
手順2
ご依頼の内容や料金に関しての打ち合わせ
基本的に「フル・簡易」の違いで動画1本単位で料金を精算させていただく形になりますが、仕上がりが長時間尺・凝った編集が必要になる動画は編集量が異なりますので適宜お見積りさせていただきます。
手順3
元動画の共有
編集代行させていただく動画をGoogleドライブ・ギガファイル便等でご共有いただきます。
手順4
動画編集代行の実施
最短1日~7日でご希望の日程に合わせて編集代行を行わせていただきます。
手順5
編集済み動画と納品書等のご送付
編集させていただいた動画を先ほどと同じようにご共有させていただきます。月末締めの翌月末払いでお願いしておりますので、月初にメールにて納品書・請求書にPDF添付でご送付させていただきます。

最終的にどんな動画編集になるかというサンプル動画を用意させていただいております。お問い合わせいただけましたら動画URLをご送付させていただきますのでお気軽にご連絡ください。

新規で動画事業を始められる企業様はもちろん、既に動画を投稿されている企業様・個人様も高クオリティーで動画編集したい、編集代行で効率化したいというご依頼をお待ちしております。

まとめ:YouTube向けの動画編集・サムネイル制作代行サービス

今回は主にYouTube向けの動画編集に関して解説とサービスの紹介を行ってきました。

経験が無いと分かりにくいですが、動画編集は地味ですが、時間もかかるし大変な仕事です。

収益が出始めるまで個人の方は代行を依頼するのは難しいかもしれませんが、充分に収益が出たり、事業展開するのであれば効率化で動画編集の代行を依頼するのも賢い選択肢だと思います。

動画編集・サムネ代行をお考えの方はお気軽に下記お問い合わせフォームよりご連絡ください。