クラウドソーシングでデザイナーがロゴコンペに参加してみた率直な体験談・感想を伝える

ロゴを作るという選択肢の中で「クラウドソーシング」を使う方は最近かなり増えつつあります。

クラウドソーシングは主に手軽に「ロゴ」を入手したい人が利用していて、依頼方法としては個別にロゴ制作をお願いするケースと、コンペで多くの方からデザインを募集して決めるケースの2つがあります。

依頼者の目線で見るとコンペ形式は色んな案が集まりそうで良さそうに思えるのですが、実際はどういう感じなのかという事と、その裏側にいるデザイナーはどういう風に取り組んでるのか気になりませんか?

今回は実際にクラウドソーシングに登録してコンペを中心に参加してみた体験談・感想をお伝えします。

▸クラウドソーシングのコンペ形式とは?

コンペ形式というのは、ロゴ制作に支払える金額やコンセプト等を自由に提示して募集をかけ、集まった作品の中から最も気に入ったものを選んで、そのロゴを作った人だけに金額が支払われる形式の事です。

クラウドソーシングの中でも一部のサービスでのみ「コンペ形式」というのは採用されています。

依頼する側としては、色々な作品から好みのものを選べるという点がメリットとして挙げられますが、金額設定を安くしすぎて好みの作品が集まらなくてもキャンセルは効かないというのがデメリットですね。

▸デザイナーがクラウドソーシングでコンペに参加した体験談と感想

▸価格は一般的なデザイン会社の料金より安い

手軽に依頼できるのがクラウドソーシングの強みなので、金額はデザイン会社などより割安です。

私が見た中で最も安かったのは「1,600円」というロゴ募集で、手数料を引かれると恐らくデザイナー側は「1,500円」程度のお仕事になると思います。逆に高額募集だと「100,000円」辺りの募集です。

個人的な感覚ですが「コンペの高額募集 = デザイン会社の最低依頼額」という感じになっていますね。

例えば1,500円でロゴ制作の仕事を受ける事を考えると、Illustrator・フォントなどのデザイン周りのデバイスやツールなどの日割り金額・事務所の家賃等の経費をリアルに考えると、提案文章などの作成も含めて使える時間は約10~20分程度だと思います。それ以上時間をかけてしまうとおそらく赤字です。

しかも、当然ですがコンペ形式では採用の確証がないので、もう少しかける時間は短縮すべきで、この案件は5~10分くらいの時間で全てを完結させることが望ましいという風に、お金の面では考えられます。

▸依頼内容は情報が少なくて特に〇〇が嫌だった

価格の提示額に大きく幅があることから分かるように、依頼者に関しても幅があって、詳細にプロフィールのある方から、ノープロフィールでロゴ制作の依頼に関する情報だけ載っている場合まであります。

下記記事でも書いたのですが、依頼者側が入力必須になっている情報というのは限られているので、それだけの情報だとコンセプトが固め切れず、ありきたりなロゴになってしまう場合なども多いです。細かくイメージやコンセプトなどを書いてくれている方もいますが、会社名すら書き忘れている方までいます。

依頼という点で個人的にコンペ形式で特に嫌だなと思ったのが、依頼に関しての「追記事項」です。

コンペが開始された瞬間からその情報に合わせてデザイナーがロゴを制作して提案していきますが、募集期間内に依頼者からのロゴ制作の内容に関する追記コメントが掲載される場合が結構な確率であります。

・「ロゴのデザインは◯をメインにして、文字を中に入れるようにしてください。」
・「ロゴの見本を作ったので、これをアレンジして作ってください。」

おそらくデザイナーが提出してきた作品を見て気づいたりして追記したものだと思いますが、こういう重要な情報を後出しする例が非常に多いです。この様な場合、先に提出されているデザインの中からは確実に採用されないワケで、デザイナーがロゴ制作にかけた時間もアイデアも全て無駄になってしまいます。

個別にご依頼いただいている場合にはデザイナー側からしっかりとヒアリングをして、クライアントの方のイメージと離れない様に制作しますし、修正があれば快く応じていいロゴに仕上げていきますが、採用確約がないコンペで情報を後出しされると1人のデザイナーとして非常に腹が立つのは間違いないです。

クラウドソーシングのコンペに参加しようと思っているデザイナーの方は募集期限が近いコンペに参加するのがいいと思います。流石に残り1, 2日でコンセプトが大きく違う事を提示される事は無いはずです。

関連記事ロゴ制作を依頼する前にチーム内で確認・調整しておきたい6つのポイント

▸コンペに応募されているロゴデザインについての率直な感想

デザイナーとして他の方の作ったロゴ作品に口出しするのはおこがましい部分もありますが、客観的に見て率直に感想をお伝えできればと思います。その辺りについてはどうかご理解いただければと思います。

コンペでは依頼者が非公開に設定している場合を除いて、応募されている作品を見ることが出来ます。参加したモノも含めざっと見ていた感想として、金額が高い方が質の高いロゴや作品数自体が集まりやすいのは間違いないです。ただし、受注実績を作るためだと思いますが、低額での募集にも応募はあります。

受注実績が件数で表示されたり、作品がプロフィールに掲載されるようになっていたり、こうした実績が積み重なると個別依頼が来たりするので、競争率の高くない低額コンペにも作品が集まったりします。

私から見ても「いいな」と思うデザインもあるのですが、いくら”高額”といっても採用確約がないコンペ作品に1つ1つ時間をかけていられないので、長く使える事を考えてデザインしたり、業界調査等まで手を回してデザインされていない可能性は高いと思います。”それっぽいロゴ”がどうしても多いです。

▸実際にコンペで採用されるロゴデザインとは?

コンペでは最終的に採用されたロゴ作品が参加者に提示されるのですが、正直「えっ…」となる作品が採用されることも少なくないです。プロから見ると明らかに差がある様な提案でも結果は違ったりします。

デザイン会社などに依頼すると、一定のロゴとしての基準は満たした上で好みのロゴを選べたりするのですが、クラウドソーシングの場合にはそうではないので、その辺りが大きなデメリットだと思いますね。

もちろん依頼者の好みや、提示されていないけど思っているコンセプトに沿っているケースなどもあるかもしれませんが、デザイン的にそこまで洗練されている様には感じないロゴも選ばれる傾向にあります。

平均点以上のロゴを作り続けていればそれなりに採用はされますが、採用されないケースも考えると時間効率は良くないですし、デザイナーが「お仕事」として考えてコンペに取り組むのは厳しいと思います。

まとめ:クラウドソーシングでデザインコンペに参加してみた感想

今回は実際にクラウドソーシングでコンペに参加してみた体験談・感想をお伝えしてきました。

依頼者側としてクラウドソーシングのコンペに参加予定の方も、デザイナーがどういう気持ちで作っているのか分かると、クラウドソーシングで依頼しようかどうかということがわかりやすいと思いますし、デザイナーとしてコンペに参加してみようという方に金額面・時間等現状をお伝えできたと思っています。

とにかく、コンペはいい作品を出せば採用されるというわけではないので、時間効率はあまり良くないですし、情報が十分ではない上に後出しされる場合があるのでモチベーションが湧きずらいという点で、デザイナーが副業などの仕事として空き時間で参加するにしても個人的にはあまりおすすめではないです。

ただ、クライアントの方が求めているロゴの市場調査的な側面や、会社では出しにくい自分のスタイルを思いっきり出したロゴを作ったりするのに向いていると思うので、参加してみるのもアリだと思います。

関連記事自分でロゴを作るためのデザイン用ソフト・サイト・ジェネレーターなどのツールを解説