ベンチャー企業・フリーランスの為のおすすめロゴ製作サービスを解説|制作費・料金・相場について

企業やサービスをパッと見て認識する時に重要な「ロゴ」ですが、自分で作ろうと思うとソフト・スキルなど必要なモノが多いわりにどうしても素人感の抜けないロゴになってしまいがちです。

特にベンチャー企業・フリーランスなどデザイナーを抱えていない場合には外部のデザイナーに外注することが多いと思いますが、デザイン会社やロゴ製作会社に依頼をするにしても、ハードルが高かったり、料金や相場が分からない場合が多いと思います。

そこで今回は、ロゴの制作に関する料金・相場に関して、特にベンチャー企業やフリーランスの方におすすめのサービスや価格帯におけるデザインの質の違いなどについてデザイナーが解説していこうと思います。

ロゴ製作の料金相場について

ロゴ製作の料金相場は実際にネットで調べてみると500円~20万円程度まで様々です。また、料金が公表されておらず、とりあえずお問い合わせをしてみないと分からないデザイン会社も非常に多いですし、弊社も基本的にその様な料金形体をしております。

なぜ公表しないのかという事については「相手や条件によって料金が変わってくるため」という事が大きな理由です。例えば、大企業とフリーランスの方ではロゴの使い方やロゴの持つ重みが全く違ってきますよね?人に見られる機会も違えば、印刷されるロゴの数や使われ方も全く違って、ロゴの価値が圧倒的に違うのが分かります。

コチラのtweetでは、時給ベースでデザイン価格の参考を出しています(ロゴ:3万円~30万円)が、相場観としてはデザイン業界の価格帯とかなり合致しているので参考になると思います。

ただし、時給で換算してしまうとロゴのイメージ・コンセプトの提案、ロゴ制作のスキルが熟練している人ほど価格が安くなってしまいます。また、何も考えずに適当に早く仕上げた人と同じ評価になってしまいます。価格が安い・価格が表示されているから安心・時間がかかるほど優れているという事は判断しない方がいいと個人的には思います。

ロゴの種類と価格

ロゴには「シンボルマーク」と「ロゴタイプ」の大きく分けて2つの種類があります。

シンボルマークとは、それ自体が会社・サービスを示すようなシンボルとして活用されるロゴのことです。有名な例で言えば「Apple」はリンゴのマークが有名ですが社名のロゴタイプはほとんど表に出てきませんよね?

ロゴタイプとは、文字をベースに装飾を施したタイプのロゴで、社名やサービス名を周知させる意味合いが強いです。有名な例で言えば「SONY」は黒字で描かれた社名のロゴタイプはよく見ますが、何かシンボルマークの様なモノは出てこないですよね?

もちろん両方を合わせたようなロゴも存在します。有名な例で言えば「TOYOTA」は赤字で描かれた社名のロゴタイプに加えて、車体にも描かれる楕円を重ねたシンボルマークもよく使われます。

価格としては「シンボルマーク+ロゴタイプ」>「シンボルマーク」 > 「ロゴタイプ」という様な設定が多く、シンボルマークに既存のフォントでサービスでタイプをつける場合はあります。

先ほども言ったように、マークだけで活用して印象付けたい場合には「シンボルマーク」、社名やサービスをブランディングに使いたい場合には「ロゴタイプ」、場面によって使い分けたい場合には合わせたタイプですが、個人的な印象ですが有名な企業・サービスになるほどどちらかに振り切っている様に思います。

ロゴ製作サービスの種類

1. クラウドソーシング – 通常製作

クラウドソーシングで、仕事を受注している方にロゴ製作を依頼するのがいわゆる「通常製作」です。

最近では主流になりつつある方法で、実績や評価等を見て製作をお願いします。有名なクラウドソーシングサービスで言えば「ランサーズ」「クラウドワークス」「ココナラ」などがあって、価格はかなりバラツキがありますが1万円~5万円程度が主流です。

注意点としては、当たり外れが非常に大きい点で、本当にデザインの素人の方からデザイン事務所の人が副業としてしている場合もあります。また、全体的に言えることは、充分に企業やサービスのコンセプトやブランドイメージを反映出来たロゴ製作・ブランドイメージの展開を意識したロゴ製作が出来る場合は少ないという事です。

  • 料金相場:1万円~5万円

2. クラウドソーシング – コンペ製作

クラウドソーシングで、多くの方に公募・コンペ形式でロゴ製作の依頼するのがいわゆる「コンペ製作」です。

どんなサービスなのか?どんなロゴにしたいのか?という方針に対して、応募されたロゴから最も良い作品を選んでその方にお金を支払うという様な流れになっています。価格は通常製作とほぼ同様で、1万円~5万円程度が主流です。

価格を高く設定した方が、多くの人が応募してきたり質の高いロゴが応募されてきたりしますが、通常製作よりも当たり外れが大きいですし、好みではないロゴの中からどれかを選ばなきゃならなくなる場合などもあります。

パッと見カッコいいというロゴに出会えるかもしれませんが、長く使えるロゴでは無かったり、ブランドイメージを考えたロゴでは無かったりするのには注意しなければなりません。

  • 料金相場:1万円~5万円

3. ロゴ製作会社

ネット上で「ロゴ製作」を謳っている会社にロゴの制作を依頼する場合がコチラです。

デザイン案の数・デザインの形式・完成までの速度・修正回数などで大体プランが3案程度あって、その中から選んで依頼する形です。価格が明確だし、個人では無くて会社として製作を行っているので、ある程度の質が保証されていたり実績が豊富な場合が多いです。相場的には大体3万円~10万円程度の場合が多いです。

デザイン案の数は大抵2案~5案程度で、案の数が増えるほどに料金が高くなります。デザインの形式については大抵「簡易製作」「オーダー」という形に分かれていて、それぞれ下記のような形でデザイナーが関わってくれます。

簡易製作:依頼側がデザインしたロゴをイラストレーターなどのソフトで形に仕上げる形式

オーダー:依頼側のコンセプトを元にデザインからソフトでの製作まで行なう形式

デザインをする中で最もデザイナーが時間をかけるのは企業・サービスの目標やコンセプトからデザイン案を製作する所なので、そこを省略できてしまう「簡易製作」ではだいぶコストが安くなることが多いです。もちろん仕上げるにあたって工夫できるポイントは多いですが、どうしても「オーダー」に比べると見劣る場合が多いです。

また、完成までの期間はまちまちですが、約2週間程度はかかるモノだと思った方がいいと思います。それより短くて急ぐ場合にはその分料金がプラスされますし、修正の回数を多く出来るプランの方が料金は高くなります。

  • 料金相場:3万円~10万円

4. デザイン会社・デザイン事務所

ロゴ以外にも名刺・フライヤー等、様々なデザイン業務を行っているデザイン会社に依頼する場合がコチラです。

名前のあるデザイナーが製作する形式で、会社やサービスの目的や方向性、どのように成長させていきたいのかというビジョンやブランディングの部分をしっかりとヒアリングして、競合のロゴの分析や見せ方などについても検討した上で、ロゴのラフ案から3点ほど提案する場合が多いです。

たいていの場合には料金はお問い合わせをしてみないと分からない事が多いです。ただし、フリーランスなど個人のサービスやロゴを取り扱わない場合が多く、取引相手も大きめの企業が多かったりするので、他のロゴ製作サービスと比べても依頼するハードルは高いです。相場的には大体10万円~という感じですね。

ただし、長く使えるロゴを作ることができるので、会社やサービスが長く続くような業界であれば最終的なコストパフォーマンスは高くなるので、一概に「高い」とも言えませんがスタートしたばかりのベンチャー企業やフリーランスの方にとってはかなり大きなコストになってしまいます。

  • 料金相場:10万円~

ベンチャー企業・フリーランスにおすすめのロゴ製作は?

先ほど示したように、ロゴの制作を依頼する方法は大きく分けると4つありますが、個人的に質を求めるのであれば、やはりデザイン会社・デザイン事務所に頼むのがおすすめです。

ただ、やはりスタートアップの時期にはどうしても経費・費用は押さえたいものなので、なかなか依頼できないしそこにお金を使う事が出来ない場合が多いと思います。なので、とりあえず体裁を整えるという意味合いでは「クラウドソーシングのコンペ製作」で5万円を出してロゴ製作を依頼するのがとりあえずのおすすめではあります。

スタートアップ応援ロゴ製作プラン

弊社では、スタート準備中または起業・事業開始から2年以内のベンチャー企業・フリーランスの方に向けて期間限定で「スタートアップ応援ロゴ製作プラン」を実施しております。

通常はお問い合わせいただいてコンセプト等を打ち合わせてからお見積りをださせていただくのですが、今回の「スタートアップ応援ロゴ製作プラン」では、ヒアリングから「ロゴマーク」または「ロゴタイプ」の制作・ロゴを用いたブランディングのお手伝いまで含めてフルオーダーで5万円(税別)にて請け負わせていただきます。

スタートアップ応援ロゴ製作プラン(5万円+税):「ロゴマーク」または「ロゴタイプ」の制作|3案提示・修正回数制限なし(大幅な修正・案の追加は別途追加料金)

ロゴの製作について悩んでいる方、ロゴを作ろうかどうか考え中の方なども、弊社では無料でご相談を請け負っておりますので、まずは下記お問い合わせからお気軽にご連絡ください。

まとめ:ベンチャー企業・フリーランスの為のおすすめロゴ製作サービス

今回はロゴ制作を依頼する側として知っておいた方がいい、ロゴの種類や製作費・料金の相場などの基礎知識と、実際にどういったサービスで作るのが良いのかということについて解説してきました。

人によってロゴに対する「価値」は変わってきますが、少なくとも仕事としてベンチャー企業やフリーランスとして働く場合には、提供するサービスの顔ともなってくる部分なので、事業計画としてロゴの制作にコストを割いてみるのもおすすめですよ。弊社でもロゴ製作を請け負っておりますので、お気軽にお問い合わせください。