ロゴデザインの価格相場と料金の理由についてプロのデザイナーが解説

会社やサービスの立ち上げの際にまず悩むのは「会社名・サービス名」と「ロゴ」をどうしようかということだと思います。ただし、会社名・サービス名に関しては結局は自分たちで考えるしかありませんが、ロゴマークは自分たちで作るのは難しいので、大抵の場合にはどこかに依頼して制作してもらうはずです。

この時に気になるのは「いったいどの位の価格でロゴ作れるの?」ということだと思います。

そこで今回は「ロゴマークの価格相場」と果たして「何故そういう料金設定になるのかという理由」について、ロゴをデザインしている側の人間として、経験と理論から詳しく解説していこうと思います。

ロゴデザインの価格相場

クラウドソーシング1,000円〜150,000円
デザイナー・デザイン事務所50,000円〜500,000円
広告代理店を通して依頼200,000円〜1,000,000円

日本でのロゴデザインの価格相場については上記の価格が相場だと思っていただければいいと思います。

もちろんこの価格帯から外れている場合もありますが、多くの場合にはこの位の価格を見積もっておけば外れないという価格になっています。でも、各ジャンルでも結構バラつきがあるので結局いくらなの?って思うかもしれません。それには理由があって、多くのデザイナーは依頼人によって価格を変えるんです。

もちろん変えないデザイナーもいますし、クラウドソーシングなどではあまり変えないのがスタンダードです。別に好きだから安くするとか、嫌いだから高くするとか、そういう事ではなくって価格を変える場合には「クライアントにとってロゴがどの程度の価値を持っているのか」という事によって変えています。

ロゴデザインの価格の決め方

①労働時間説(クライアントによって価格は変えない)

②相対価値説(クライアントによって価格を変える)

価格を変える場合には「クライアントにとってロゴがどの程度の価値を持っているのか」によって変えると言いましたが、変える・変えない場合でどういう風にロゴデザインの価格を考えているのかお話します。

デザインのお金に関しての考え方は諸説あるのですが「①労働時間説(クライアントによって価格は変えない)」と「②相対価値説(クライアントによって価格を変える)」があると思っています。あくまで1人のデザイナーとしての考えですので他のデザイナーさんに全て当てはまるワケではありません。

①労働時間説

デザインというのは本当に極めた人以外は時間のかかるものです。

簡単なデザインに思えるものでも、デザイナーは何十・何百という数のアイデア出しとラフデザインを書いて、これはどうかなという模索を繰り返します。それは今までいかに良いデザインを見てきているか、自分の中にデザインの素があるかという部分も大切なので、多くの時間的な投資が必要な作業でもあります。

業界の中で似ているロゴデザインはなるべく避けた方がいいですし、その業界のロゴで踏襲した方がいい要素があればそれを含んだデザイン案も作るという様に、発想部分は非常に時間のかかる作業になります。

続いて実際に書いたラフデザインをソフトで制作していきます。ソフトを扱うテクニック・スキルが反映されるので、一定以上のデザイナーでは差が出にくい部分です。時間短縮はしやすい部分かなと思います。

あくまでもラフデザインなので、採用されたロゴを汎用性があるように修正・調整等する工程も生じますので、その辺りの対応をして…ということになってくると、最終的に多くの時間がかかります。デザインの作業は1人または複数の人間の拘束時間がかなり長いので、その分人件費がかかるというのがこの理論です。

ただし、この労働時間説の場合、発想力・スキルが特にすぐれたデザイナーは短時間で仕事を終えるので、価格は安くていいのかと言われればそうではなく、発想力やスキルを磨くのに過去に費やした時間が長く、その習得にかかったコストをデザイナーに後払いしているという風な感覚に近いと思います。

大体のロゴ作成にかかる時間は、クライアントの性質(個人・法人・サービス)によって変わるわけではないので、価格はクライアントに関わらず固定という感じです。日本でも受け入れやすい感覚だと思います。

②相対価値説

労働時間説とは違って、ロゴを必要とする人・企業がどの位の規模なのかということが、ロゴの価値・ひいてはデザイナーに支払う価格に関係するというのがこの相対価値説という考え方の根源です。

例えば、知人が趣味でやっている会合のロゴデザインは100円で作ってもいいけれど、年商1兆円の大企業のロゴは1,000万円で作るとかそういうお話です。同じロゴでもクライアントによって価格が変わります。

知人の趣味の会合のロゴはなくても困らないけど、あったら良い程度のモノでせいぜい10人程度しか見ないものだと思います。一方で大企業のロゴは長く使われて企業・サービスの顔として何百万人の人の目に触れることになるため、無くてはならない存在です。クライアントにとってのロゴの価値が全然違いますよね?

クライアントにとって価値のあるロゴは高く、クライアントにとって価値のないロゴは安くというのが「相対価値説」という名前の根源です。ロゴの価値はクライアントが決めるモノという考え方ですね。

ロゴをどれだけ使うのか・どこに使うのかというのは結局のところクライアント次第ですし、その会社・サービスの認知度向上にどの程度重きを置いているかによって、ロゴの価格に対する印象は変わってきます。「とりあえずないと困るので」という考えだと、企業ロゴが1万円でも高いと思うかもしれません。

なので、ロゴマークをフリーランスの方に作るのか、会社のサービスの1つのロゴなのか、どの位の規模の会社のロゴなのかということによって価格が変わってきます。規模が大きければそれだけデザイナーの責任も大きくなりますし、ロゴの発揮する効力が大きいワケですから、それなりの金額をいただくワケです。

ちなみに企業としてもロゴは多くの場所に掲示・印刷するものなので、もし変更になった場合にかかるコストが大きいです。ロゴマークを雑に安く作成してしまって、一旦採用したモノのすぐに変更したいという場合、そのロゴの費用よりも様々な変更にかかるコストが大きいので慎重につくるのをおすすめします。

デザイン業界ではこちらの「相対価値説」的な考え方のほうがスタンダードで、サイトなどには価格は記載されておらずに「まずはお問い合わせください」という場合が多いです。ただ「同じ作業量なのに価格が違うのはおかしい!」という価値観の方が日本には多いので、受け入れにくい考えではあると思います。

どちらの”説”が良いという事は無いですが、ロゴを作るのは結構時間が必要な作業だし、サイトにロゴ制作などの価格が載っていないのはこういう理由(クライアントで変わる)もあるよという事です。

ロゴデザインの依頼先についての価格の違い

最初に紹介した「価格相場」について、それぞれの依頼先ケースの特性・違いをご紹介していきます。

クラウドソーシング

手軽にロゴ制作を依頼できる場として使えるのがクラウドソーシングです。

CroudWorks・Rancers・ココナラといった様に多くのクラウドソーシングサービスがあり、ロゴ制作を受け付けている方を選んで依頼することが可能です。また、一部のクラウドソーシングサービスでは「コンペ」という形で自社のサービス名・コンセプトなどを公開してロゴ作品の応募を募って決める事もできます。

相場感としては比較的安く済みますし、コンペ形式ではわりと多くの作品を見て決めることができる性質があるので、ロゴを依頼する側としてはある程度の安心感を持って依頼できると思います。

ただし、クラウドソーシングは誰でも登録が可能で、昨日ロゴ制作を始めたという方から何年もプロとしてロゴを作っているという方までスキルレベルが様々です。そのため、個別に依頼する場合には各デザイナーのスキルによって値段にばらつきがありますし、コンペで素人作品ばかりが集まる場合もあります。

ある程度お金を出せば実績あるデザイナーに依頼することもできますが、そうであればフリーランスのデザイナーやデザイン事務所に依頼するのと価格はそこまで変わりませんし、あくまでクラウドソーシングの仕事としてしている場合が多く、1つの仕事に時間をかけない傾向があるので、コスパは良くないと思います。

手軽に頼めて、価格が明示されていて、早く仕上げて欲しい、ということであればクラウドソーシングはおすすめ出来るロゴ制作の場です。ただ、非常に重要なロゴの場合はあまりおすすめできないです。

深くそのデザイナーとお付き合いするわけではないので、業界の調査や調整などに時間を使ってくれる人は少ない印象です。また、個人的な感覚で言えば、30,000円〜50,000円程度でコンペ形式で募集すれば80件程度の応募があって、デザイナーと呼べるレベルの作品が4〜5点という感じの手応えになっています。

デザイナー・デザイン事務所

個別にデザイナーや会社を選んで依頼するという形で、丁寧に会社・サービスのコンセプトを伺ってロゴに反映したり、競合他社のロゴを調査したり、デザインに関する総合的な相談にのったりという付き合いができるのが魅力的です。ロゴのクオリティーも平均して、クラウドソーシングよりもちろん高いです。

ただ、依頼するデザイナーや会社を見つけるのが大変で、ネットでもリアルでもなかなか出会うことが少なく、知り合いにいる場合に紹介してもらってそこにお願いするという形になりがちな印象です。ネットで探してもどこに頼んだらいいか迷うし、比較できて2, 3人・2, 3社だと思うので選択肢が狭くなりがちです。

デザイナー・デザイン会社の数が少ないワケでは決してないのですが、露出が多いデザイナーやデザイン会社が少ないです。なので、どうしても紹介に頼るしかなくて比較対象も少ないので、本当にこの人・この会社に依頼してもいいのかなという不安を抱きがちだと思います。確かに色々分かりにくいですよね。

あと、先ほどもロゴの価格のところで説明した様に、ロゴ制作の価格が明記されている場合もありますが、大抵の場合にはお問い合わせして見積もりをしてもらってから価格がわかるという場合が多いので、そういった面でも分かりにくいというか不安があって、他に比べて依頼のハードルは高めだと思います。

ただ、どのデザイナーの方もデザイン会社もお問い合わせしたり、相談する分にはお金はかかりませんし、価格を聞いたり・見積もりしてもらってからお断りしても、文句を言ったり怒ったりなどは絶対ないです。

少人数の会社とか、ベンチャー企業とかぜひ応援したいというデザイナーさんやデザイン会社さんも多いと思うので、そんなにロゴに使えるお金が無くて、とりあえずクラウドソーシングでって考えている方も、一度お問い合わせして相談してみたりするといいと思います。もちろん弊社でも大歓迎しています。

あとは、デザイン会社とお付き合いしていると、何かと色々な場面でデザインが必要になった時に相談しやすいということです。先ほども言ったようになかなか繋がることの少ない業界なので、デザインに関する情報や相場感みたいなものが一見すると分かりにくいですし、必要な時に相談できると便利です。

もちろんお仕事なので無料で依頼するといった事などはやめたほうがいいですが、懇意にしていただいている会社であれば、デザイナー・デザイン会社の方から何かサービスで追加で仕事してあげようかなとか思うものです。お金の話ではないですが、そういうお付き合いが出来るのが魅力の1つでもあります。

広告代理店

大きな会社の場合には、普段からお付き合いのある広告代理店にお願いする場合が多いと思います。お金さえ払ってしまえばデザイナーを選ぶ段階や連絡や打ち合わせなどもほぼ代理店に丸投げできてしまうため、ロゴ制作に関して比較的“楽”なのは楽だと思います。代理店自体にデザイナーがいる場合も多いですね。

ただし、手数料が間に入ることになるので、大きな広告代理店に依頼するほどマージンが大きく、価格が高くなる傾向にあります。クライアントの支払う金額が高くなるか、デザイナーに入る金額が少なくなるかは代理店の方針次第ですが、どのみちデザイナーは仕事が少ししずらくなるのは間違いないです。

当然ながら支払う金額が高い場合には求めるレベルも高くなりますよね?

もちろん全力でデザインをしますが、デザイナーの苦労・スキルは評価を受けにくく、結果的に簡易に見えるデザインに仕上がった時に「あの金額でこのデザイン?」とハードルが上がりやすい部分があります。

デザイン事務所やデザイナーは営業があまり得意ではない人が多いので、仕事を取ってきてくれる広告代理店はありがたい存在ではありますが、クライアントの方も依頼の金額が高くなるし、デザイナーも得られる金額が減るか・クライアントに求めれるレベルが上がるという形で別の苦労がある場合があります。

また、間に広告代理店に入ってもらってお仕事をすることになるので、クライアントの意向を反映しずらいということもあります。「とにかくこうしてくれたらいいから」という形で指示が来ることが多いので、デザイナー側も、もっといい修正案があったとしてもなかなか反映しずらい部分があったりします。

デザイナーのお仕事に関する事情も入ってしまいましたが、広告代理店をつかう場合には、便利だけどマージンが入る分だけ価格が高くなる場合が多くなるという部分と、デザイナーと深くお付き合いして、ロゴの細部にこだわる様な打ち合わせや調整をするという事がしずらい可能性があるということです。

まとめ:ロゴデザインの価格相場と料金の理由について

今回はロゴデザインの価格相場と料金の理由について解説してきました。

あくまでデザイナー側から「こういう事なんですよー」とお伝えしている形なので、デザイナーの苦労とか知らないし、とにかく安くてデザインの良い所に頼むだけだからいいよ、という方もいらっしゃると思いますが、安くてデザインが良いという場合にはそれなりの理由があるのでは?と少し考えてみてください。

ご紹介した様に、それぞれ、メリット・デメリットみたいな部分が必ずありますので、お読みいただいている方がどういったロゴを作りたいのかという事に合わせてこの記事が色々参考になればうれしいです。

手前味噌ですが、弊社(MONO JOURNAL)でもロゴの制作を承っておりますので、ぜひ下記にございます「無料相談・お問い合わせ」からご活用いただければと思います。喜んでご相談お待ちしております。