ロゴデザインの価格相場と料金の理由についてプロのデザイナーが解説

会社やサービスには「ロゴ」っていつか必要になります。

例えば、法人印鑑の様に必ず作らなければいけないという事は無いですし、無くても平気ですが、事業を展開していく上でWEBサイト・名刺・フライヤー・封筒など様々な場面で便利です。

立ち上げの際に最も悩む「会社名・サービス名」は自分たちで考えるとしても、ロゴマークを作るのって実は難しいので、大抵の場合にはデザイナー等に依頼して制作してもらうはずです。

この時に気になるのは「いったいどの位の価格でロゴ作れるの?」ということだと思います。

  • ロゴマークの価格相場
  • 何故そういう料金設定になるのかという理由

今回は主に気になると思われるこの2点について、ロゴをデザインしている側の人間として、経験と理論から詳しく解説していこうと思います。あくまで私見ですので例外はあると思います。

ロゴデザインの価格相場

日本でのロゴデザインの価格相場は下記の価格辺りだと思っていただければいいと思います。

クラウドソーシング1,000円〜150,000円
デザイナー・デザイン事務所50,000円〜500,000円
広告代理店を通して依頼200,000円〜1,000,000円

あくまで相場なので、この金額より安く・高く見積もりが出る場合がありますが、この金額の間あたりで予算を考えておけばまず大丈夫だろうという価格相場について今回ご紹介しています。

ただ、例えばデザイン事務所に頼む場合にも価格幅が広い印象を受けた方も多いと思います。

これは、ブランド力の高いデザイン事務所がロゴ制作に取り組む場合に価格が高くなるという事もありますが、多くのデザイナーはクライアント種別によって価格を変えるのでバラツキます。

好きな人には安くして、嫌いな人には高くするんですか?」ということではありません。

もちろん変えないデザイン事務所もありますし、クラウドソーシングなどではあまり変えないのがスタンダードですが、価格を変える場合には「クライアントにとってロゴがどの程度の価値を持っているのか」という事によって変えています。つまり、ロゴが力を持つほど高いワケです。

クライアント種別について

例えば「有名な大企業・未上場の中小企業・フリーランスのライター」では、ロゴを使う場合にその効力が全然違いますよね?CM・TV・ラジオによってギャラが違う様なモノです。

ロゴデザインの依頼先についての価格の違い

ご紹介したロゴ「価格相場」について、それぞれの依頼先の特性・違いをご紹介しておきます。

1. クラウドソーシング

手軽にロゴ制作を依頼できる場として使えるのがクラウドソーシングです。

多くのクラウドソーシングサービス(Croud Works・ココナラ等)があり、ロゴ制作を受け付けている方を選んで依頼することが可能です。また「コンペ」という形式で企業名・コンセプトなどを公開してロゴ作品の応募を募って、その中から最も良い作品を選んで購入する事もできます。

相場としては比較的安いですし、多くの作品を見て決めることができるコンペ形式は人気です。

ただ、クラウドソーシングはスキルのバラつきが大きいです。個別依頼では結局優秀なデザイナーの制作価格は高くなっていますし、コンペでは素人作品ばかりが集まる場合もあります。

良さそうなデザイナーに依頼する場合でも、あくまでクラウドソーシングの仕事としてしている場合が多く、1つの仕事に時間をかけない傾向があるので、コスパは良くないと思います。

手軽に頼めて、ハッキリ価格が明示されていて、早く仕上げて欲しい場合にはおすすめです。

深くお付き合いするわけではないので、業界の調査や調整などに時間を使ってくれる人は少ない印象です。個人的な感覚で言えば、30,000円〜50,000円程度でコンペ形式で募集すれば80件程度の応募があって、デザイナーと呼べるレベルの作品が4〜5点という感じの手応えですね。

2. デザイナー・デザイン事務所

個別にデザイナーや会社を選んで依頼するという形で、丁寧に会社・サービスのコンセプトを伺ってロゴに反映したり、競合他社のロゴを調査したり、デザインに関する総合的な相談にのったりという付き合いができるのが魅力的です。ロゴのクオリティーは総じて高いことが多いです。

ただ、依頼するデザイナーや会社を見つけるのが大変で、ネットでもリアルでもなかなか出会うことが少なく、知り合いに紹介してもらってそこにお願いするという形になりがちな印象です。

とにかく選択肢が少ないので、そのデザイナー・会社を信じてお願いするという流れですね。

また、ロゴ価格が明記されている場合もありますが、大抵の場合にはお問い合わせ・見積もりをしてもらってから価格が分かる場合が多いので、なかなか依頼のハードルは高めだと思います。

お問い合わせのハードル

確かにハードル高いですよね。ただ、お問い合わせするのは無料ですし、お見積もりしてからお断りしても、怒ったりなどは絶対ないので安心してお問い合わせしてみてください。

そんなにロゴに使える予算が無くて、とりあえずクラウドソーシングと考えている方も、一度お問い合わせして相談してみたりすると意外と受けてくれるデザイン事務所もあったりします。

あと、デザイン会社とお付き合いしていると、色々な場面でデザインが必要になった時に相談しやすいのはメリットです。デザインに関する情報・相場感などを適宜相談できると便利ですよ。

3. 広告代理店

大きな会社だと、普段からお付き合いのある広告代理店にお願いする場合が多いと思います。

予算さえそれなりにあれば、デザイナーを選んだり、ロゴ制作に関する連絡や打ち合わせなども広告代理店に丸投げできてしまうため、ロゴ制作に関して比較的“楽”なのは楽だと思います。

予算の中に中間手数料(広告代理店の利益分)が必要になるので価格が高くなる傾向にあります。広告代理店にいる自社のロゴデザイナーに作ってもらう様な流れになる場合もあります。

例えば、代理店からデザイン事務所に依頼があった場合と直接デザイン事務所に依頼があった場合で、デザイン事務所が受け取る金額が同じだったとします。ただ、代理店を通した方が当然ながらクライアントが支払う金額が高くなるので、それだけロゴの期待値も上がるワケですね。

もちろん全力でデザインをしますが、代理店を通すとデザイナーは窮屈な仕事になりがちです。

デザイン事務所と営業

デザイナーは営業があまり得意ではない人が多いので、仕事を取ってきてくれる広告代理店はありがたい存在ではありますが、別の部分での苦労が増える場合がありますね。

また、広告代理店に間に入ってもらってお仕事をすることになるので、クライアントの意向を反映しずらいということもあります。更にいい修正案があっても反映しずらかったりもしますね。

ロゴデザインの価格の決め方

クライアントによって価格を変えるか・変えないかという事はデザイン事務所・デザイナーによってもかなり考え方が異なります。業界内でも統一されていないので分かりにくいんですよね。

他にも色々考え方はあると思いますが、ココでは下記の2つの考え方について、一体どういう計算をしてロゴの価格を決めているのかという事をデザイナー視点からお教えしようと思います。

① 価格は変えない:労働時間換算

② 価格は変える:相対価値換算

どちらの考え方も納得のいくものですが、価格を変えない方が分かりやすいですよね。

① 価格は変えない:労働時間換算

デザインというのは本当に極めた人以外は時間のかかるものです。

簡単なデザインに思えるものでも、デザイナーは何十・何百という数のアイデア出しとラフデザインを書いて模索を繰り返します。それは今まで良いデザインを見てきているか、自分の中にデザインの素があるかという部分も大切なので、多くの時間的な投資が必要な作業でもあります。

他の方と似ているロゴデザインは避けたいですし、その業界のロゴで踏襲した方がいい要素があればそれを含んだデザイン案も作るという様に、ラフ制作までは時間のかかる作業になります。

続いて、ラフデザインをソフトで制作して、修正・調整して、連絡を取り合って…という形でロゴの完成まで到達するのですが、恐らく思っているよりも時間がかかります。デザインの作業は人の拘束時間がかなり長いので、その分の人件費・労働時間がかかるというのがこの理論です。

ロゴ作成にかかる時間はクライアント種別で変わらないので、価格は変えないという感じです。

短時間で仕事を終える人は?

デザインスキルが上がるほど短時間で仕事を終えるので、その分短時間で多くのロゴ制作をこなせ、結果的にスキルが上がると時間単価も上がるという風に考えればいいと思います。

② 価格は変える:相対価値換算

ロゴを必要とするサービス・企業がどの位の規模なのかということが、ロゴの価値・デザイン会社に支払う価格に関係するというのがこの相対価値換算という考え方の根源になっています。

先ほど少し言いましたが、タレントさんも「CM・TV・ラジオ」ではギャラが違いますよね?

規模感・影響力が大きい媒体なら、タレントさんが出演して見せる立ち振る舞い1つで番組・スポンサー企業に与える影響も大きくなるワケで、相応の責任があるのでギャラも高くなります。

ロゴも似たようなモノで、地域開催のイベントロゴと大企業のコーポレートロゴでは、ロゴを見る方の数も違うし、そのロゴがある事によって得られるメリットも大きく違ってきます。

つまり、クライアントにとって価値のあるロゴは高く、クライアントにとって価値のないロゴは安くというのが「相対価値」という事です。ロゴの価値はクライアントによって変わります。

ロゴをとりあえず買うという事

無いと不便なので”とりあえず”ロゴを買う方がいますが、あまりおすすめしません。会社にとってロゴというのがどの程度大事そうなのか考えてから、予算を決めた方が良いですよ。

格安で質の良いロゴを入手できればイチバン良いですが、なかなかそうはいきません。

「コーポレートロゴを10,000円で購入しました。最初は良いと思いましたが、同じ時期に始めた他の会社のロゴを見たら、ロゴをより洗練されたモノにしたいと思う様になりました。」

こうなった場合、以前のロゴを使って作った、WEBサイト・名刺・封筒・書類・広告・バナーなど多くのモノを変更することになり、数十万円規模のコストがかかります。安物買いの銭失いとはまさにこの事ですから、どういった形でロゴを制作するか慎重に考えた方が良いですね。

ちなみに、デザイン業界ではこちらの「相対価値」的な考え方のほうがスタンダードで、サイトなどには価格は記載されておらずに「まずはお問い合わせください」という場合が多いです。

まとめ:ロゴデザインの価格相場と料金の理由について

今回はロゴデザインの価格相場と料金の理由について解説してきました。

あくまでもデザイナー側から価格の理由と裏話をお伝えしている形なので「そんな事知らない」と言われてもいいのですが、安くてデザインが良い場合には理由を考えても面白いですよ。

ロゴは対外的・対内的にもブランドを作るのに大切な部分なので、もしロゴを作ろうと考えている方はMONO JOURNALの「無料相談・お問い合わせ」もぜひご活用いただければと思います。