ロゴデザインの価格相場と料金の理由についてプロのデザイナーが解説

会社やサービスには「ロゴ」っていつか必要になります。

ロゴ自体は、例えば、法人印鑑の様に必ず作らなければいけないという事は無いですし、無くても平気ですが、事業を展開していく上でWEBサイト・名刺・フライヤー・封筒など様々な場面で便利です。

立ち上げの際に最も悩む「会社名・サービス名」は自分たちで考えるとしても、ロゴマークも自分たちで作ろうというのは結構難しいので、大抵の場合にはデザイナー等に依頼して制作してもらうはずです。

この時に気になるのは「いったいどの位の価格でロゴ作れるの?」ということだと思います。

多くのデザイン事務所は価格を表示していないので、どの位の価格で作れるのか分かりにくいですよね。

  • ロゴマークの価格相場
  • 何故そういう料金設定になるのかという理由

今回は主に気になると思われるこの2点について、ロゴをデザインしている側の人間として、経験と理論から詳しく解説していこうと思います。ただ、バラつきは大きい業界なので例外はあると思います。

ロゴデザインの価格相場

いきなりですが、日本のロゴデザインの価格相場は下記の価格辺りだと思っていただければ外しません。

クラウドソーシング1,000円〜150,000円
個人デザイナー・デザイン事務所50,000円〜800,000円
広告代理店経由・著名なデザイナー500,000円〜3,000,000円

あくまで相場なので、この金額より安く・高く見積もりが出る場合がありますが、だいたいこの金額の間あたりで予算を考えておけば、まず大丈夫だろうという価格相場について今回ご紹介しています。

ただし、例えば「デザイン事務所」に頼む場合にも価格幅が広くて参考にしずらい方も多いと思います。

まずは、この辺りのロゴデザインの価格のバラつきがなぜ生じるのかという事について、そもそものデザインの料金設定がどうなっているのかという裏側の部分を含めて詳しく解説していきます。

ちなみに「MONO JOURNAL」の場合にはこの位の相場でお仕事を受けさせていただいております。

デザイン価格に関係する要素

まず1つ言っておくと、価格はデザイナー・デザイン事務所などによって考え方が全く違います

最終的に最初に示したような相場に収まる事が多いだけで、見積もりの仕方から取り扱いに至るまでかなり違うので、依頼する時や契約をする時には今から解説する部分をしっかりと確認した方がいいです。

クラウドソーシングなどの既に価格が決まっているモノ以外は下記の要素が値段に関わってきます。

① 著作権の所在に関して

著作権を含んで購入するのか、著作権を含まず使用するのかという点が大きく価格に反映されます。

著作権(財産権):主に著作物を用いて独占的に儲けることができる権利(譲渡可能)

人格権:勝手に著作物を改変されない・公表に関する事を決める権利(譲渡不可能)

著作権について下記記事で詳しく解説しているので、そちらも見ていただけるといいと思うのですが、著作権はデザイナー側にとっても大切な権利なので、譲渡する際には金額が大きく増える場合があります。

▸関連記事デザイナーもクライアントも知っておきたい著作権と商標権の違いと譲渡契約

著作権は譲渡が可能ですが、人格権は譲渡不可なので「不履行」という契約をする場合があります。

この辺りで何の契約もしないと、相手が悪質なデザイナーだった場合にロゴが使えなくなったり、軽微な調整等でも意見を申し立てられたり等でロゴやデザインの使用について問題が起きる可能性があります。

依頼するクライアント側にとって、イチバン最悪なケースは、ロゴが高額だったにも関わらず、著作権に関する契約も著作者人格権に関する契約もせずに、人格権を履行されてロゴを使えない様なケースです。

クライアント的最悪なケース:ロゴが高額+著作権周りの契約なし+人格権を履行されて公表不可

かといって「著作権譲渡はマストで著作者人格権も不履行ではないと絶対に契約しない」というのは行き過ぎた考え方で、お互いに尊重される様な契約をできる様にデザイナーと相談するのがおすすめです。

何となくで著作権譲渡を希望されるクライアントの方も多いですが、著作権の譲渡が絡むと価格が大きく変わる場合が多いという事ですね。既成ロゴの販売サイト等でも追加料金がかかる場合が多いです。

既成(ストック)ロゴ販売のサイト

例えばロゴ自体は3万円だけど、著作権を譲渡する場合に10万円必要みたいなケースも多いので、それであれば個人的にはオーダーで作ってくれるデザイン会社に頼んだ方が良い様な気がします。

② クライアントの属性に関して

好きな依頼者には安くして、嫌いな依頼者には高くするんですか?」ということではありません。

もちろん変えないデザイン事務所もありますし、クラウドソーシングなどではあまり変えないのがスタンダードですが、価格を変える場合には「クライアントにとってロゴがどの程度の価値を持っているのか」という事によって変えています。つまり、ロゴが力を持つクライアントほど高いワケです。

クライアント種別について

例えば「有名な大企業・未上場の中小企業・フリーランスのライター」では、ロゴを使う場合にその効力が全然違いますよね?「CM・TV・ラジオ」によってギャラが違う様なモノです。

タレントさんも「CM・TV・ラジオ」の媒体によってギャラが違いますよね?

規模感・影響力が大きい媒体なら、タレントさんが出演して見せる立ち振る舞い1つで番組・スポンサー企業に与える影響も大きくなるワケで、相応の責任・影響力があるのでギャラ自体も高くなります。

ロゴも似たようなモノで、地域開催のイベントロゴと大企業のコーポレートロゴでは、ロゴを見る方の数も違うし、そのロゴがある事によって得られるメリットも大きく違うので、価格に影響してきます。

③ 使用料(年間契約)の有無に関して

ロゴに関してはあまりないですが、イラスト等の場合に使用料という形が用いられる場合があります。

簡単に言えば、デザイン制作費とは別にデザインの使用媒体ごとの年間使用料が必要という事ですね。

イラストの場合で例えると「イラスト自体の制作費は5万円で、使用媒体であるWEBサイト・フライヤー・雑誌広告、3年契約で各媒体ごとに年間10万円の使用料が必要」という感じの契約になってきます。

ロゴの場合、企業・サービスに合わせて作るため汎用性が少なく、買い切りという形で著作権譲渡したり、著作権は譲渡しないけど無制限使用可能だったり使用媒体のみ指定されるケースが多いと思います。

見積もりの時点で分かると思いますが、心配な場合にはあらかじめその辺りも相談しておきましょう。

④ CD料金やフィニッシュ料金等に関して

ロゴのデザイン制作費の他に、CD(クリエイティブディレクション)料金やフィニッシュ料金などがかかる場合があります。これらのデザイン用語を知っていると見積書が見やすくなるケースもあります。

・CD料金:ロゴ・デザインがクライアントの目的に合う様に構成する為の料金

・フィニッシュ料金:印刷などの完成版データに仕上げる料金

大体のロゴ制作の場合にはCDの作業も伴っている場合が多いですが、多くの場合にはCD料金を製作費自体に含んで請求しています。ただ、別途見積もりを出す事務所もありますし、印刷が関係するデザイン制作の場合にはカンプ(完成見本図)やフィニッシュデータの制作に料金がかかる場合もありますね。

あとは、ロゴの提案数・修正回数などによって価格が変わってくる場合も多いです。

個人的には、デザイナーの仕事は優れたデザインのみを提案する事だと思うので、10案もロゴを提案するのはむしろプロだとは思いませんが、基本的に提案数が多い方が価格が高く設定される事が多いです。

⑤ 希望するロゴの種類に関して

ロゴには「ロゴマーク(シンボルマーク)」と「ロゴタイプ」の大きく分けて2つの種類があります。

ロゴマークとは、それ自体が会社・サービスを示すようなシンボルとして活用されるロゴのことです。例えば「Apple」はリンゴのマークはよく知られていますが社名(apple)はあまり描かれません。

ロゴタイプとは、文字をベースに装飾を施したロゴのことで、社名やサービス名を周知させる意味合いが強いです。有名な例で言えば「SONY」は黒字で描かれた社名のロゴタイプはよく見ますが、何かの形を模したロゴマークの様なシンボルは見かけないと思います。文字自体がロゴとしての役割を果たします。

もちろん両方を合わせたロゴも存在します。

基本的に両方制作する場合にはどちらかよりも高額になる事が多いですが、文字部分を既存のフォントをベースに調整を加えたものにするのか、新規に1からデザインして制作するのかなどによっても価格が変わってきます。ちなみに商標登録を考える場合には基本的に新規でデザインを制作する必要があります。

ロゴの商標登録を考えている場合にも下記記事で詳しく解説しているので、こちらもご覧ください。

▸関連記事デザイナーもクライアントも知っておきたい著作権と商標権の違いと譲渡契約

ロゴデザインの価格・制作料金の決め方

様々な要素によってデザインの価格に幅が出るのはお伝えしたので、次は実際にどういう考え方で最終的なデザインの価格・制作料金を決めているのかという事を解説しておこうと思います。

他にも色々考え方はあると思いますが、基本的には労働時間をベースとした価格に、デザイナーの実績・クライアントの種別によって価格に掛け算されるというのが価格の決め方になることが多いです。

JAGDA(日本グラフィックデザイナー協会)の出しているデザイン料金の算出式は下記です。

制作料金 = (作業料金a×質的指数)+ 作業料金b +(作業料金a×質的指数×量的指数)+ 経費

引用JAGDA|制作料金概念規定

少し解説しておくと(作業料金a×質的指数)がいわゆるデザイン料金で(作業料金a×質的指数×量的指数)が付加価値料金という感じです。付加価値とはデザインがある事で入ってくる収益の分け前ですね。

  • 作業料金a = デザイン価値に関わる作業
  • 作業料金b = カンプ・フィニッシュ等の作業
  • 質的指数 = デザイナーの能力
  • 量的指数 = 使用媒体やクライアントの大きさ

それに加えてデザインの共通作業と必要な経費を合わせた金額が制作料金として算出されるワケです。

計算式に厳密に当てはめて計算している所がどの位あるか分かりませんが、基本的には上記の様な計算式に先ほどの様な様々な要素を加えて独自に見積もりを出しているデザイン会社が多いと思います。

 

ちなみに、デザインは実際かなり時間のかかる作業なので、作業料金自体がまず高めになります。

簡単なデザインに思えるものでも、デザイナーは何十・何百という数のアイデア出しとラフデザインを書いて模索を繰り返します。それは今まで良いデザインを見てきているか、自分の中にデザインの素があるかという部分も大切なので、多くの時間的な投資が必要な作業でもあります。

ヒアリング → 業界調査 → ラフ制作 → 本制作 → 修正・調整

簡単に書いても上記の工程を経てロゴが完成するのですが、思っているよりも時間がかかるので、作業料金自体が比較的に高く設定されるため、一般的に見てロゴデザインが高価になることが多くなります。

短時間で仕事を終える人は?

デザインスキルが上がるほど短時間で仕事を終えるので損すると思われそうですが、その分短時間で多くのロゴ制作をこなせ、さらに実績によって単価も上がるのでそうではありません。

格安で質の良いロゴを入手できればイチバン良いのは間違いないですが、なかなかそうはいきません。

「コーポレートロゴを10,000円で購入しました。最初は良いと思いましたが、同じ時期に始めた他の会社のロゴを見たら、ロゴをより洗練されたモノにしたいと思う様になりました。」

こうなった場合、以前のロゴを使って作った、WEBサイト・名刺・封筒・書類・広告・バナーなど多くのモノを変更することになり、数十万円~数百万円規模のコストがかかります。安物買いの銭失いとはまさにこの事ですから、どういった形でロゴを制作するかという事は慎重に考えた方が良いです。

例えば:プロのデザイナーが3万円でロゴを作ると(数字のお話)

ロゴの相場は「3万円~5万円」と書いてあるサイトも多いので、リアルな話、もし3万円でロゴ制作を本業として請け負っていたらどのようになるのかという事を数字の面から見てみようと思います。

デザインだけで稼ぐ場合に、人並みの生活をしようと思ったら手取り23万円位は欲しいですよね。

ロゴ制作を3万円として経費や社会保険を考えると手取り23万円の為には30万円程度稼ぐ必要があるので、単純に考えると1ヶ月に10件の制作をする必要があり、休みを考えると2日に1件制作になります。

30万円(3万円 × 10件) – 7万円(経費・社会保険等)= 23万円(手取り)

営業・業界調査・経費の処理などを考慮すると、1つのロゴ制作に使える時間は5~6時間程度です。

この時間で、会社のブランディングを考慮したロゴの制作が可能なのかと言われると、個人的には難しいと言わざるを得ません。コレが3万円という価格のロゴの裏側にあるリアルなお話になっています。

別にクライアントの方にデザイナーの生活を心配してもらう必要は無くて、そのロゴが価格に対して納得いくモノであれば問題ないと思います。ただ、数字から逆算すると見えるモノもあるという事です。

ロゴデザインの依頼先についての価格の違い

ご紹介したロゴ「価格相場」について、それぞれの依頼先の特性・違いをご紹介しておきます。

1. クラウドソーシング

手軽にロゴ制作を依頼できる場として使えるのがクラウドソーシングです。

多くのクラウドソーシングサービス(Croud Works・ココナラ等)があり、ロゴ制作を受け付けている方を選んで依頼することが可能です。また「コンペ」という形式で企業名・コンセプトなどを公開してロゴ作品の応募を募って、その中から最も良い作品を選んで購入する事もできます。

相場としては比較的安いですし、多くの作品を見て決めることができるコンペ形式は人気です。

ただ、クラウドソーシングはスキルのバラつきが大きいです。個別依頼では結局優秀なデザイナーの制作価格は高くなっていますし、コンペでは素人作品ばかりが集まる場合もあります。

良さそうなデザイナーに依頼する場合でも、あくまでクラウドソーシングの仕事としてしている場合が多く、1つの仕事に時間をかけない傾向があるので、コスパは良くないと思います。

手軽に頼めて、ハッキリ価格が明示されていて、早く仕上げて欲しい場合にはおすすめです。

深くお付き合いするわけではないので、業界の調査や調整などに時間を使ってくれる人は少ない印象です。個人的な感覚で言えば、30,000円〜50,000円程度でコンペ形式で募集すれば80件程度の応募があって、デザイナーと呼べるレベルの作品が4〜5点という感じの手応えですね。

2. デザイナー・デザイン事務所

個別にデザイナーや会社を選んで依頼するという形で、丁寧に会社・サービスのコンセプトを伺ってロゴに反映したり、競合他社のロゴを調査したり、デザインに関する総合的な相談にのったりという付き合いができるのが魅力的です。ロゴのクオリティーは総じて高いことが多いです。

ただ、依頼するデザイナーや会社を見つけるのが大変で、ネットでもリアルでもなかなか出会うことが少なく、知り合いに紹介してもらってそこにお願いするという形になりがちな印象です。

とにかく選択肢が少ないので、そのデザイナー・会社を信じてお願いするという流れですね。

ロゴデザインの価格は先ほどもご紹介した様に、用途やクライアントの属性によって変わる場合が多いので、大抵の場合にはお問い合わせ・見積もりをしてもらって価格を提示されるという流れになります。

ちなみに、お問い合わせをした場合には、会社の規模やロゴを使う目的等と一緒に「予算」を聞かれます。これは、予算に合わせて多くお金をもらおうというワケではなく、デザイン制作の価格の認識にクライアント・デザイナー間であまりに乖離がある場合に別サービスを紹介する等の対応をするためです。

例えば予算が「1万円」という風にお伝えいただいたら「弊社での対応は難しいのでクラウドソーシングで依頼するのがおすすめです」という風にご紹介します。「1万円」のご依頼で割けるリソース・時間は少なく、クライアントの方に満足いただける品質のロゴ制作や対応が難しいためです。

この辺りの感覚がかけ離れていると、お互いにwin-winな関係にはなりにくいので、予算をお伺いするのはある意味でその辺りの共通認識を確かめる様なことだと思っていただければいいのかなと思います。

あと、デザイン会社とお付き合いしていると、色々な場面でデザインが必要になった時に相談しやすいのはメリットです。デザインに関する情報・相場感などを適宜相談できると便利ですよ。

安くロゴをプロに作ってもらう方法

デザイン事務所でもフルオーダープラン以外に、クライアントの方にラフのロゴ案を提案いただいてそれを元に作るセミオーダー等を受けている場合には比較的安く制作できる場合もあります。

3. 広告代理店

大きな会社だと、普段からお付き合いのある広告代理店にお願いする場合が多いと思います。

予算さえそれなりにあれば、デザイナーを選んだり、ロゴ制作に関する連絡や打ち合わせなども広告代理店にお任せできてしまう部分もあり、ロゴ制作に関して比較的“楽”なのは楽だと思います。

ただ、予算の中に中間手数料(広告代理店の利益分)が必要になるので価格が高くなる傾向にあります。大きな広告代理店の場合には代理店中のデザイナーに作ってもらう様な流れになる場合もあります。

例えば、代理店からデザイン事務所に依頼があった場合と直接デザイン事務所に依頼があった場合で、デザイン事務所が受け取る金額が同じだったとします。ただ、代理店を通した方が当然ながらクライアントが支払う金額が高くなるので、それだけロゴの期待値も上がるワケですね。

デザイン事務所と営業

デザイナーは営業があまり得意ではない人が多いので、仕事を取ってきてくれる広告代理店はありがたい存在ではありますが、別の部分での苦労が増える場合があります。

また、広告代理店に間に入ってもらってお仕事をすることになるので、クライアントの意向を反映しずらいということもあります。更にいい修正案があっても反映しずらかったりもしますね。

まとめ:ロゴデザインの価格相場と料金の理由について

今回はロゴデザインの価格相場と料金の理由について解説してきました。

あくまでもデザイナー側から価格の理由と裏話をお伝えしている形なので「そんな事知らない」と言われてもいいのですが、裏側を知っているといざという時に交渉がスムーズに進むと思います。

ロゴは対外的・対内的にもブランドを育てていくのに大切な部分です。MONO JOURNALでもデザインのオーダー制作を承っておりますので「無料相談・お問い合わせ」もご活用いただければと思います。

▸参考リンク:MONO JOURNAL